Entry: main  << >>
アグリ知財ニュース vol.216 (9/2-9/8)

こんにちは。アグリ系弁理士の吉永貴大です。

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催が決定しましたね!

 

オリンピックが自国で開催されるなんて、一生に一度あるかないかのことですから、

 

これは盛り上がりに便乗して楽しまないと損ですね!

 

でも、ビジネスにおいては、オリンピックに便乗するのは注意が必要です。

 

続きは編集後記で。

 

◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇

 

1.アグリ特許に関するニュース

 

【水産】愛媛大教授らが養殖魚の免疫活性化物質発見 (愛媛新聞ONLINE 9/2

 

【食品】奄美群島に自生 シマアザミに「メタボ改善効果」 (YOMIURI ONLINE 9/4

 

【バイオ】老化を抑える乳酸菌H61株 つくばで発表会 (JAcom 9/4

 

【畜産】養豚で温室効果ガス削減 新たな飼料を開発 (JAcom 9/4

 

 

2.アグリ商標・ブランドに関するニュース

 

【商標】音・映像も商標登録・・・TPPに先行し法改正へ (YOMIURI ONLINE 9/2

 

【商標】おんせん県」こだります 大分県が福岡でテレビCM放送 (西日本新聞 9/7

 

【商標】役立たなかった「アンケート」〜「ほっレモン」商標登録異議取消事件より (BLOGOS 9/8

 

 

3.品種登録・種苗法に関するニュース

 

【品種登録】品種登録出願の取下げを公表 品種登録ホームページ 9/2

 

【新品種】14日に市場デビュー リンゴ新品種「秋田ほっぺ」 (47NEWS 9/4

 

【品種登録】第302回品種登録を公表 (品種登ホームページ 9/4

 

【新品種】九州大学育成ブドウ新品種「BKシードレス」の売開始と高品質果実のブランド化 (九州大学 9/6

 

 

4.海外の知的財産に関するニュース

 

【韓国】「永久に笑顔を保てる」=韓国の新しい形技術が話題に−米紙 (Yahooニュース 9/3

 

【中国】中国の新商標法は外国の商標保護にプラス 新華網 9/3

 

【中国】中国からが9割・・・偽ブランド品など輸入差し止め (YOMIURI ONLINE 9/3

 

【韓国】技術貿易収支の向上目指し 官民一体で戦=韓国 (朝鮮日報 9/5

 

【中国】中国の発明特許出願数は世界一 (人民 9/5

 

 

5.アグリ知財部だより(法律や審査基準の改正情報やアグリ分野の政策情報など)

 

【知財戦略】特許戦略ポータルイトを更新 (特許庁 9/2

 

【職務発明】【論風】東京大学政策ビジョン研究ンター教授・渡部俊也 (SankeiBiz 9/2

 

【著作権】文化審、電子出版権の創設了 (SankeiBiz 9/6

 

【統計】グリーンイノベーション分野、ライフイベーション分野の特許出願状況についてを更新 (特許庁 9/6

 

【著作権】新梅田シティ:緑化壁、工事中止認めず 園家の仮処分却下−大阪地裁 (毎日jp 9/7

 

◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇

 

【編集後記】

日本のオリンピック関連商標は公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)が権利者になっており、

 

JAPAN

「がんばれ!ニッポン!」

 

などの商標がほとんどすべての商品やサービスについて商標登録されています。

 

また、不正競争防止法で、オリンピックマークを無断で使用することは禁止されています。

 

そのため、オフィシャルスポンサー等の特別な許可を得た企業でないと、オリンピックに関する表示はできないと理解しておいた方がよいということになります。

 

さらに、登録商標やオリンピックマーク以外にも、オリンピックに便乗した広告も、JOCからクレームが行くようです。

 

JOCがオリンピックに便乗した広告と判断する基準は以下の通り。

 

 仝⇒の主体者の許諾なしに

◆‐Χ藩用の一環として

 企業、団体、個人のイメージアップ、商品価値をあげるために

ぁ.リンピックの用語やマークを使用する場合

ァ.リンピックのイメージを使用して、権利の主体者と何らかの関係を有するとの誤認を生じさせる恐れがある場合

 

このような基準に抵触する例が、朝日新聞に掲載されていました。例えば、

 

「やったぞ東京」

「おめでとう東京 SALE」

「オリンピック開催記念セール」

「祝!夢の祭典」

「祝!東京決定」

「祝2020年開催」

 

・・・なかなか厳しいですね。

しかしこの法的根拠はどこにあるのでしょうか?


商標権にも抵触しないし、不正競争防止法にも抵触しないと思うのですが。
 

JOCのウェブサイトを見ても、よくわかりませんでした。

どなたかご存知の方がおられたら、ぜひ教えてください! 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

| 吉永国際特許事務所 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode